ナビゲーションボタン
レンタルリースサービス
ヘッダー
庭づくりのポイント
計画を立てずに行き当たりばったりで作業したり、業者まかせだったり、自分の希望やイメージが設計者や施工者に十分伝わっていない時、庭や外構が出来てしまった後で、なげいたり、がっかりしてもあとの祭りですね。 同じ予算をかけるなら自分も納得し、家族が喜んでくれるようなものでなくてはなりません。そのためにはできるだけ早い時期からあなた自身が庭の勉強をしたり、イメージを明確にする必要があります。 計画するにあたり、次のポイントをふまえて下さい。 どのような庭・外構にしたいのか自分の好みやイメージを明確にしましょう。
例えば、アプローチを草花でいっぱいにしたい。/建物にあったメインツリーを植えたい。/目隠しがほしい。/家庭菜園がほしい。/リビングに隣接したウッドデッキやテラスがほしい。/駐車場をデザインしたい。/坪庭がほしい。 モダンな門塀にしたい。/雑草だらけの中庭を防草を考慮したお洒落な庭にしたい。 等々実際の施工例や専門書等の写真例を参考にするなど自分の好みのデザインや材料をチェックして、理想や要望を明確にし、イメージを膨らませます。 完成後の日常生活をイメージし、庭や外構の管理、利便性(使い勝手)を考えましょう。
平面図を書き、実際に現場で尺をあて、形状・寸法など、チェックします。また人の動線をイメージし無理や無駄がないか確認します。他花や植木を計画している場合は、面積と本数を踏まえ、年間管理にかかる費用または手間を算出します。(花一年草は年約3回植替え、植木管理は剪定、病虫害予防、施肥、除草など年約2~3回)無理のない計画を心がけます。 家の外観にマッチする全体のバランスを考えましょう
最近の住宅の外観は、ニーズの多様化により様々なスタイルのものがあふれています。 新築の場合、家の雰囲気にあった外構のデザイン・材料はなるべく早いうちに計画します。後回しにすると、外構や庭のデザインの可能性が限られてしまううえ、予算も同じようにかかります。 植木は好みに走らず、周りの環境(日照、潮風、乾燥、湿気、害虫)に
極端な話ですが北海道に自生する、シラカバを九州の温暖地に植えること自体無理があるように、植物にはそれぞれ自生する埴生域があります。寒冷地、温暖地、また日射が必要なもの(陽樹)や陰が適するもの(陰樹)中間(中庸樹)その他、植栽地の周りの環境・気象条件を十分考慮して樹種や植付け方法等を選択しなければなりません。 駐車場出入口の道路見通し等、他事故災害を想定し安全を考慮しましょう。
どんなに素敵な外構・庭周りでも、安全対策がしっかりしたものでなくてはなりません。アプローチや駐車場出入口の道路の見通し。転倒、転落防止。軟弱地盤の改良。排水措置など重要です。 しっかりしたアドバイス・設計施工ができる業者を選ぶことが大切です。
会社の実績や実際の施工例、契約に関する条件、仕事の進め方、引渡し後の相談管理等、内容をお聞きください。 会社によって技術面で、大きなレベル差があるので、あせらず良い業者を選択してください。

TOP庭づくりのポイント庭の楽しみ方おすすめの芝施工集デザインパース集運動場・グランドリフォーム年間管理作業表会社案内
プライバシーポリシーリンクサイトマップお問合わせ

株式会社 松田久花園 〒851-2212 長崎市畝刈町1613番地251
TEL: 095-850-0714  FAX: 095-850-0715  E-mail: info@matsudakyukaen.com  © 2013 Matsuda Kyukaen All Rights Reserved.

庭の楽しみ方ボタン おすすめの芝ボタン 施工周ボタン デザインパースボタン 運動場・グランドリフォームボタン 年間作業票ボタン 会社案内ボタン お問い合わせボタン